どんなことに気を付ける?

業者とのトラブル

リフォームだと基本的には今ある家を改装することになります。
これからペットを飼うのであれば問題はありませんが、大体の方はすでに飼ってらっしゃることでしょう。
であれば、ペットがいる中で工事をする可能性というのも考えておかなければなりません。もちろん、預けることが出来るのであればそれも手段の一つではあります。

工事の音やにおい、さらに言えば知らない人の出入りがあるというのは人間が思っている以上にストレスがかかります。
どんなに静かに工事していても、聴覚も嗅覚も群を抜いているのです。
そんな環境の中体調を崩すことがないように、出来るだけ離れた部屋にいつものリラックス出来る場所を用意しておいてあげるのがいいでしょう。
もちろん、よそへ預ける場合もそれは変わりません。

近所とのトラブル

ペットを飼っているのであれば、普段から鳴き声やにおいの対策はされているでしょう。
ですが、リフォーム中となると扉や窓を開けておかねばならないことも多く、いつもの防音性などは発揮できないと考えた方が良いでしょう。
トラブルを避けるためにリフォームをしてる……そんな場合でもなかなか伝わらなければ争いに発展しかねません。
どんなに小さな工事であれ、物音は結構響くものです。
近隣の方には出来るだけ事前に挨拶をしていくと円滑に物事が進むかもしれません。
もちろん、依頼した業者によってはそういった事前・アフターケアどちらもサポートしてくれるところもあります。
いずれも住んでいる自治体や形態によって変わってきますので、不安な部分は契約前にしっかりと相談しておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ